スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢幻のように 1話

「目を覚ましまして?」

 どこか幼さそうな、それでいて自信に満ち溢れたような声が聞こえてきた。
 しかし今の空間はどこか心地良い、まるで母の胎内にいるよう。
 だから聞こえてきた声も、夢心地に聞こえるだけで目を開かない。開けない。
 
「そう・・・わたくしを待たせるなんていい度胸してやがりますわね?」

 まどろんでいる内にその声が不機嫌になってきているのが感じ取れたので目を見開く。
 すると自分は液体に満たされたケースのようなものに入っていることに気づく。
 その瞬間ハッとして、意識が一気に覚醒する。
 ここはどこ?わたしはだれ?
 混乱するわたしの疑問を見越したかのように、意識が覚醒する前に聞いた声が聞こえる。

「ここはわたくしの家の地下施設。そしてアナタは、わたくしのクローンですわ」

 ・・・思わず目の前の、赤いゴスロリ風味の服を着た金髪セミロング幼女の頭の出来を疑ったののも無理はない、と思う。





 あれからわたしは、なんとなくこの傲岸不遜で、唯我独尊っぽい幼女の影武者として創られたことを語られた。

「べ、別に寂しかったとかそういう理由で創った訳ではありませんわよ?ただ単にわたくしを狙ってくるゴミどもの相手をするのが面倒でアナタに押し付けようとしたから創っただけですわ」

 そう言っていたが常にわたしについてくるようさせているのでもしかしたら前者の言葉が真実なのかもしれない。
 それから何故わたしに知識があるのかということについては予めインストールしたからということらしい。
 人格は起動させてからいちから創っていくつもりだったが、何の偶然か最初から出来ていたという。
 ご都合主義じゃないかとも思ったがそのお陰でわたしは存在しているのだから言わないことにした。
 わたしの容姿についても、目の前の幼女と瓜二つ。違う点といえば彼女は釣り目だがわたしはややたれ目ということぐらいだろうか。
 
「ウフフ、わたくしの宇宙一の、この美貌で着せ替えなんて素晴らしいですわ・・・」

「あの、わたしはあまり服飾に興味はないので簡素な服があればよいのですが」

 恍惚とした表情で何やら不穏当なことを口走っている彼女に対して牽制の意味を込めて発言する・・・が。

「あら?よもやわたくしの影武者ともあろうものが簡素な服装で勤まるとでも思っているのかしら?」

「や、やっぱりあなたのような方の影武者ならやや華美なぐらいが丁度良いですよねっ!」

 ゴゴゴという擬音が聞こえてくるほどの威圧感がわたしに返ってきたので慌てて前言撤回してすぐさま賛同意見を出す。
 情けないかもしれないが会って間もない私でも彼女はお嬢様気質であることは分かる。つまりは気分次第で捨てられるかもしれない。
 すぐにはそういった気分を損ねないような距離感を掴めないので掴める様になるまでなるべく下手に出るのしかない。
 主人といってもよい彼女に捨てられれば、世の中のことを何も知らない、無知な少女といっても過言ではないわたしは生きていけはしないのだから。
 
「・・・まぁいいですわ、そのうち自然と素直になるでしょう」

 彼女はわたしの言葉を本音ではないと悟ったようだが特にそれについて訊ねることはしなかった。
 助かったと思うと同時に彼女の言葉の、素直になるとはどういうことなのか?
 そう疑問に思っていると彼女が指をパチンと鳴らす。
 するといつの間にか瞬時に現れた執事服を華麗に着こなしたクマが大量の服飾をどうやって持ってきたのかタンスごと置いていった。
 瞬きをした次の瞬間には最初から存在しなかったかのように消えているのだからタダモノではない。

「・・・今のはなんだったのだろう?」

「さて、服装の貯蔵は十分かしら・・・じゃなかった、お着替えの時間ですわっ!」

 あまりにもシュールな光景に呆然としていると彼女が嬉々としながらお着替えタイムを宣言する。
 どう見てもわたしをおもちゃにする気満々なのが見て取れる。
 そして彼女が持ってきたのは・・・さそり座で有名なオカマ口調な人が年に1度の晴れ舞台で着ているような物凄く派手な衣装だった。
 
 「・・・いくらなんでも派手すぎじゃないですか?しかもかなり長いしこんなんじゃ歩けもしませんよ」

 「ならこれなんてどうかしら?」

 そう言って彼女が次に持ってきたのはなんとバニー衣装。
 
 「もう完全に趣味に走ってませんか!?」

 突っ込む間にも色々アレコレ着替えさせられる。
 巫女服。ナース服。婦警服。スク水。メイド服。ウェディングドレス。ネコミミ。
 ここら辺は定番の服装だ。
 コスプレの。
 
「なんでコスプレになってるんですかっ!しかも最後の服ですらないですし」

「仕方ありませんわねぇ・・・」

 といいつつ彼女が取り出して次々に着させてくるのは、やたら金ぴかな鎧。腋が露出している巫女服。おおよそ忍者の服装とはとは思えない、無駄に胸元を強調する露出の高い赤い服。
 最後のはわたしに胸がないために胸元がスカスカになってしまっていた。
 どうでもいいはずなのに凄く悲しかった。

「これもコスプレですよね?いい加減まともなのを・・・」

 そう泣き言を入れると彼女は再び衣装を物色し始める。
 時折不気味な笑い声が聞こえてくるのは幻聴に違いない。
 しばらくして彼女が持ってきた服を見ると
 エプロン。紐ビキニ。バカには見えない服、と書いてある紙。
 
「わたし、泣いていいんでしょうか?」

「う、ウソに決まっているじゃありませんの、ジョークですわ」

 涙目になっていると小刻みに震えながらも慌てたように彼女は否定する。
 が、直前までの目は本気だった、間違いなく着せて楽しもうとしていただろう。
 小刻みに震えていたのは何故だろうかと思いながらも怒っていたらどうしようという思いから突っ込むことはできなかった。
 最終的に彼女が着ていた服の色違い、彼女が赤に対してわたしはオレンジ色のゴスロリ風の服になった。

「なんだかお揃いだと姉妹みたいでちょっと嬉しいですね」

「・・・っ!?」

 照れながらも彼女に向かって微笑むと先ほどよりも一層肩を震わせている。
 さすがにマズイかと思い、どうしたのか?とばかりに彼女の顔を下から覗き込む。

「・・・可愛いすぎる、も、もう我慢できませんわっ!」」

 と言うや否やわたしに飛び掛る。
 なすすべなく押し倒されるわたし。



 それからのことは・・・思い出したくないので割愛させてもらう。




あとがきのようなもの

さて、皆様お久しぶりです
キャラ製作をサボってこんなSSを細々と作っておりました
本当に細々ですけどね、1日数行書くか書かないかぐらいの超遅筆で(ぁ
今回のこのSSも斬紅郎様のところの看板娘、「ゼノン・ゼシフィード」について書いたもので2次創作にあたりますね
しかし・・・本来ならこの主人公っぽいクローン娘、性格は「アイ・舞・ミー」の表ゼノンに準ずるものとして書こうと思っていたらいつの間にやらこんな冷静だけどどっかズレてるような性格に・・・どうしてこうなった
それから着替えのシーン、自分でも違和感バリバリでございます

作者が動かすのではなく、キャラが・・・勝手に・・・な感じで書ければ一番良いのですけど
何せ私は前回のSSが処女作、つまり産まれて初めて書いたSSなものでかなりの未熟者なんですよねぇ・・・
ともあれ、このような稚拙な文章でも、皆様が少しでも楽しんでもらえれば幸いです
更新速度?期待する方がまちg(乙女玉
スポンサーサイト

注:やっつけものの小説です、超短いです

「くそよえぇですこと。暇だったので通してあげましたが、これでは暇潰しにもなんねぇですわ」

 それは一方的な、もはや虐殺であった。
 周囲には無数の嘗て人であったものが無残に転がり、生きている者は歴戦の傭兵を思わせるガッチリとした体格に大きな戦斧を杖代わりにようやく立っている男と、目の前に居る傲岸不遜な、ちょっとおかしなお嬢様言葉を発した赤いゴスロリ風な衣装を身に着け、金髪の髪を腰の辺りまでストレートに伸ばしている、まるで人のものではない人形のような造形美を持った、幼いながらも威厳を感じさせる少女のみ。


「このバケモノが!」

「失礼な人ですわね。この超絶美少女であるわたくしをバケモノ呼ばわりなんて。アナタの目はゴミですの?」

 男はそう吼えると目の前の、戯言をのたまう少女に向かってその大きな戦斧で斬りかかる。
 しかし戦斧は途中で見えない何かによって弾かれる。

「・・・っ!。バカな!?」

「無駄ですわ。この障壁をアナタ如きが破れるはずがありませんもの。そろそろよろしいかしら?いい加減虫けらに付き合うのには飽きたことですし」

 男が自慢の戦斧を弾かれ驚愕していると少女は鬱陶しそうに、まるでもう男には興味はないといった風に手をかざす。

「滅びなさい」

 その一言とともに手を振り下ろすと、とてつもなく強力なエネルギーの塊が発射される。
 そこで男の記憶は終わっていた。

 思えばいかにも金持ちといわんばかりの大きな屋敷があり、親や使用人は出ているのか1人、幼い少女が住むだけなので楽な仕事だと思っていたのが運のツキだったようだ。
 その少女は強い力を持つと聞いてはいたがそれでも俺たちの山賊団が失敗するとは思えなかった。
 何しろ山賊団とはいえAランクが自分を含め3人、Bランクが8人、その他の団員が30人を数えるというそこらの素人どもが山賊になったのではなく、腕の立つ傭兵崩れの者たちで結成された山賊団であったからだ。
 慢心だったのかもしれない。今までこの山賊団は強盗や、暗殺、果ては村を襲って滅ぼしたこともあり、失敗したことがなかった。窮地に陥ったこともあった。だがその度に山賊団は、持ち前の武力を発揮して脱してきたのだ。
 その自信が事前に情報を集めることを怠ってしまった。
 そうでなければ幼い少女が1人きりで大屋敷に住んでいて、今まで無事であった意味を考えないはずはなかったのだから。


「それにしても退屈ですわ・・・わたくしに釣り合う強さを持った方はおらず、虫けらばかり」

 少女はため息をつきながら片づけをしようと死体を一箇所に集め、腕を一振り。
 それだけで高エネルギーの塊が死体へと向かい、滅ぼし尽くし、後には何も残らない。

 ・・・はずであった。

「あら?何か落ちていますわ。これは・・・鏡かしら?でも欠けているようですわね」

 何も残らないと思っていた少女は面を喰らい、フヨフヨと浮遊しながら鏡の欠片を拾い、覗いてみる。

「な、何ですの!?この魔力は、きゃぁぁぁぁぁぁっ!!!」

 鏡は急に眩いばかりの光を発し、辺り一面に高密度の魔力が漂う。
 光が収まった頃には、少女の姿も、鏡の欠片も、高密度で展開されていた魔力も無く、何事もなかったかのように静寂が佇むだけであった。

続・・・く?

補足
(オリジナル設定)この世界では下から、E・D・C・B・A・AA・AAA・S・SSの順にランクが存在します
目安としてはEは一般人レベル、Cで一人前の冒険者、Aで凄腕の冒険者、SSになると1人でその気になれば1国をも滅ぼすことができると言われています

あとがき
思いつきで作った超短編小説です
強い人物と交戦して屋敷を自爆させて、吹っ飛んだ先にこの鏡がある・・・という風な展開も考えてみましたが私にはかけそうに無かったので諦めました(ぇ
まぁここに来る人ぐらいになると大体この少女は誰がモデルか分かると思いますがゼノン=ゼシフィードという斬紅朗氏のオリジナルキャラをモデルにしています、ぜのぬかあいいよう、抱っこしてもふもふしたい・・・はぁはぁ(*´Д`*)
まぁこんなやっつけモノな小説ですが、楽しんでいただけたのであれば幸いです
こんなに短くちゃ楽しめもしねーよ!という罵声が飛んでくるよぅ、助けてー!ぜのぬー!(蹴

11/16 地味に加筆修正とか
S-Zenon?あんまり進んでないんで物凄く気長に待ってk(ry

2/26 微修正
プロフィール

瑞燕

Author:瑞燕
某所ではゼノンの人と呼ばれております
何かあれば
zenonwyn@yahoo.co.jp
こちらまで
最近は遊戯王にまた熱を入れ始めた模様

キャラ制作状況
S-Zenon 諸事情により凍結中
暇があれば再開する・・・かも?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。